芸能

ジャッキー・チェンが「中国の犬」になった悲しき裏事情

 

 

 

 

「ジャッキーはもう我らのスターではない。彼は『中国共産党の犬』になってしまったのだ……」

香港の人々はいま、テレビでジャッキー・チェンを見るたびにこう嘆いているという。

ジャッキーが中国・浙江省に4000万元(約8億円)のマンションを購入したのは、8月末のこと。すぐさま中国メディアが現地に駆け付け、マンションの前にレッドカーペットが敷かれるなど大々的に「お披露目会」が行われた。

「今回、ジャッキーは上海に近い浙江省杭州に豪邸を購入しました。香港では、『ジャッキーはいよいよ中国本土に腰を据えて暮らすつもりだ』という批判の声が上がっています。自宅近くには中国映画界最大の撮影所がありますが、ジャッキーが購入したマンションの屋上にはヘリポートが完備されているので、簡単に通うことができる」(現地メディア記者)

ジャッキーは’19年、香港民主化デモのきっかけとなった「逃亡犯条例改正案」を支持するコメントを発表。さらに、香港における国家安全法の導入にも賛成するなど、最近はすっかり中国政府寄りの姿勢が目立つようになっている。豪邸のお披露目会も、「宣伝マン」としてジャッキーを利用する中国政府の広報活動の一環と見られている。

こういった姿を見ていると、香港の人々が「中国の犬」とジャッキーを批判するのも頷ける。ただ一方で、彼らのなかにはジャッキーの境遇に同情を寄せる人も少なくないという。

 

 

 

 

「実はジャッキーが可哀そうだという声もあるんです」と解説してくれたのは上海の新聞記者。いったいどういうことか。

「ジャッキーには、中国に従うしかない事情があるといわれています。そのひとつが、一人息子で俳優兼歌手のジェイシー・チャン(39)の存在です。’14年にジェイシーは、北京にあるジャッキー名義のマンションの一室を麻薬の使用場所として提供したとして現地警察に逮捕されている。中国では麻薬は大罪であり、長期刑が下されることも珍しくありません。ところが、ジェイシーに下った判決は、懲役6ヵ月という極めて軽いものでした。このことから、中国政府とジャッキーとの間で何らかの密約が交わされたのではないかとウワサされているんです」(上海の新聞記者)

逮捕以降、息子のジェイシーは活動を自粛していたが、今年8月に台湾で7年ぶりに歌手活動を再開したと報じられている。

「中国政府の許可がなければ、ジェイシーが歌手活動を再開することは不可能です。息子の活動再開のために、ジャッキーは身をなげうって中国のために尽くしたといわれています」(同前)

天安門事件が発生した’89年には、他の香港スターとともに中国共産党を批判する大規模イベントにも参加していたジャッキー。香港中から愛されていたがゆえに、その変節への悲しみは深い。
(https://news.livedoor.com/article/detail/22903730/)

 

 

 

 

 

Source: エンタメ芸能ちゃんねる