NEWS

子供へのコロナワクチン接種を巡り、国会議員らが超党派の議員連盟を結成 子供への接種努力義務の撤回や乳幼児への接種中止を政府に求める

「子どもへのワクチン接種とワクチン後遺症を考える超党派議員連盟」は21日、5歳〜11歳の子供に課されたコロナワクチン接種の努力義務の撤回と、生後6ヶ月〜4歳以下の乳幼児への接種見送りを求める提言書を政府に提出しました。 https://www.youtube.com/watch?v=ODvOxIMM15o&feature=youtu.be 同議員連盟は、ワクチン接種の安全性に懸念を抱く25人の国会議員で構成され、会長に薬害エイズの被害者で知られる、立憲民主党の「川田龍平」参議院議員が就任しています。 提言書では、子供へのコロナワクチンの接種について、「接種後の重篤な副反応、死亡事例が報告されている」「中長期的な副反応が未知で…
Source: RAPT理論のさらなる進化形