NEWS

コロナワクチンの危険性を警告してきた「キャリー・マディ」医師が飛行機事故で重傷 口封じのために命を狙われたか?

かねてより、コロナワクチンの危険性を訴えてきた医師の「キャリー・マディ」が、飛行機事故に遭ったことが分かりました。 反ワクチンのキャリー・マディ医師。プライベート飛行機が墜落。 https://t.co/6ILZA8unUf — アーロン大塚 (@AaronOtsuka) June 27, 2022 キャリー・マディの知人によると、彼女はパートナーの男性と共に自家用飛行機に搭乗、離陸して間もなくエンジンに異常が発生し、近くの野原に不時着したとのことです。 キャリー・マディは、この事故により数カ所を骨折し、手術を受けたそうですが、一命は取り留めたそうです。 また、パートナーの男性も、頭や背中に骨折などの重傷を負い、現在、治療中とのこと…
Source: RAPT理論のさらなる進化形