芸能

いしだ壱成が衝撃の告白!人気絶頂から転落のきっかけ「大麻所持逮捕」は罠だったと

 現在、再起を図ろうとしている俳優のいしだ壱成(47)が、12日配信のABEMA「迷えるとんぼちゃん」に出演。これまでの人生を振り返る中で、自身が2001年8月に大麻とLSDの所持により、大麻取締法違反で逮捕された件について衝撃的な告白をしたのだ。

 

ひとつ屋根の下 コンプリートDVD BOX

いしだ壱成“薄毛からの復活”で期待される俳優本格復帰 ハードルは決して低くない

 93年「ひとつ屋根の下」(フジテレビ系)、95年「未成年」、98年「聖者の行進」(ともにTBS系)など、数々のドラマで活躍したいしだは人気絶頂の26歳のとき、クラブで遊んでいた際に見知らぬ人物から大麻を持たされたという。

<全然知らない人です。名前も存じ上げなくて申し訳ないくらいの人。捨てればよかったんですけどそのまま酔っぱらって部屋に持って帰っちゃって。次の日、警察が来て逮捕と>

<後で牢屋の中で聞いたんですけど。全部名前言っちゃうと、君の命が危なくなるから言わないけれども、ざっくり言うと大きな事務所と大きな事務所の抗争にあんた巻き込まれたんやと。怖いなって思いました。ぶっちゃけるとそういうことです。でも脇が甘かったんですね>

■俳優復帰を画策しているが…

 薬物は持たされただけで、使用した事実はないと話したのだ。だが、いしだはこの逮捕で順風満帆だった俳優生活から転落していっただけに、脇が甘かっただけでは済まないだろう。

「この逮捕が表舞台から姿を消すきっかけとなっただけに、いしだの告白が事実であれば衝撃的です」(女性週刊誌記者)

 2年間の謹慎生活を送り、03年に俳優復帰をするが、以前のように仕事が舞い込むことはなかった。その後、09年に二股交際の発覚による解雇。さらに3度の結婚、離婚を経験している。

 現在、東京で俳優として復帰を目指しているといういしだ。父親の石田純一(68)をはじめ、高い演技力を評価する芸能関係者は少なくない。仕事が殺到していた売れっ子時代から実質20年以上のブランクがあるが、果たしてオファーはあるのか。
(https://news.yahoo.co.jp/articles/dabfcc5b619caaa0ec0cfc26fba1532a91a0ef41)

Source: エンタメ芸能ちゃんねる