NEWS

【マッチポンプ】コロナワクチン接種後の免疫力低下により「帯状疱疹」を発症する人が続出し、帯状疱疹用のワクチンを推奨する動きが活発化

コロナワクチン接種が開始されて以降、強いかゆみや痛みを伴う「帯状疱疹」を発症し、病院を受診する人が急増していることが再び話題になっています。 近畿大学医学部皮膚科学教室・大塚篤司教授は、昨年の春〜夏にかけて、帯状疱疹で受診した患者の数が例年よりも1.5倍〜2倍も増加したと述べています。 大塚篤司 帯状疱疹は、免疫力が低下しやすい50代から発症しやすくなるそうですが、コロナワクチンを接種した20代の若者も次々と発症しているようです。 帯状疱疹を発症した20代の男性は、「ワクチンを打ってから10日後ぐらいだったので、心当たりがあるとしたらそれくらいだと思っています。クリニックも2つ行ってみて、最初発症してから月曜日に受診したクリニックと…
Source: RAPT理論のさらなる進化形