経済

「自分たちのことでお金をかけたくない」眞子さん渡米後の秋篠宮家は…紀子さまは落ち着かない悠仁さまに“よおく、考えてみましょうね”

紀子さまは悠仁さまに「よおく、考えてみましょうね」

私も似たような光景を見たことがある。宮さまとお会いしている時に、紀子さまが悠仁さまを連れて部屋に入って来られた。悠仁さまは元気一杯だった。

見知らぬ人がいるものだから、余計に照れくさいのかうれしいのか、椅子やテーブルの脇をすり抜け部屋の中を駆け回り、少しもじっとしてはいない。宮さまは走り回る悠仁さまを目で追うだけだ。その目元はゆるみ、楽しんでいるようにも見えた。ついには紀子さまが抱きとめられ悠仁さまを、

「よおく、考えてみましょうね」

と諭したが、また、その手をすり抜けて悠仁さまは走り出したのだった。

とはいえ、将来の天皇である悠仁さまに、秋篠宮さまはどのような教育方針を持っているのか。国民の大きな関心事だろう。

厳しくしつけてくれたことに感謝しております

この文節……
突っ込み所なのでしょうか?

本当に厳しくしつけていれば
結婚は自分たちの心を大切に守りながらニューヨーク旅行気分で
生きていくために選択などという流れにはならないと思うのだけど

秋篠宮邸の増改築費が約33億円(デイリー新潮)

『身の丈にあった儀式に』の部分は
“即位される兄宮の晴れ舞台に水を差すかのようだ”と
物議を醸しました。
また、秋篠宮邸の増改築費が約33億円と、
大嘗祭の費用を大幅に上回ったため、
異論が沸き起こったこともあります


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

> 椅子やテーブルの脇をすり抜け部屋の中を駆け回り、少しもじっとしてはいない。宮さまは走り回る …… 。

息子は、まるで自身と全く同じではないか!

その様な場で、その様な行動をとる事自体、信じられません。
これからの出来上がりは、父親と同じと言う事。

国民の象徴天皇など、有り得ません。

私は「自分たちのことでお金をかけたくない」の一文で朝から盛大に笑いました。
皇族で1番お金使ってるんじゃないの?という疑問も。子供が3人いるからお金が必要なのは、まぁわかる。わかるけど、必要外のお金の事がだいぶ怪しいから、とってつけたような記事も薄目で見ちゃいます。

この際、全部ぶちまけて出たがっている他の家族(次女は特にかな?)と一緒に離脱しちゃえば楽になるのにねー

秋篠宮さまは、皇族としてよりも子供達の自由を尊重しました。
聞こえはいいが、皇族としての在り方を重視しないで何を教えたのか、
一説には、子供達をほったらかしも同然だったといわれている。

子育てやお金の節約について、口先では素晴らしい事を言うが、
その場限りで実行力がともなっていないのではないか。

昭和天皇が「皇統を秋篠宮に移してはならない」と、ご発言されたのも
納得がいきます。 56歳の誕生日に口先だけの会見が待っています。

>子供が増え、宮内庁から再三、宮邸増築の申し出があるが「自分たちのことでお金をかけたくない。今は、その時期ではない」

秋篠宮邸の数年がかりの増改築費用は当初の計上予算よりも加算され、たしか総額60億円以上に上っていたと記憶しています。
加算されたのはチタン合金の屋根やらとか。

準備というのは数年前から計画され途中から中止は難しくとも、いまにして思えば降嫁されたばかりの長子さんの成年式は2011年10月で立派な新調されたティアラなど宝飾品が眩しく…。

「その時期」は既に降嫁先の婿殿は宮邸に出入りされていらしてたと記事があり、その時期に厳正なる身上調査が為されていればー残念です。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

何を厳しく育てたのか?
少なくとも、皇族としての責任と役割については教育されてはいませんよね!
皇族としての立場も自覚されていないのでは?

特に問題なのは、皇室は国民に対して「公平な立場でなければない」と言う原則を無視して、それも記者会で、自らその越えてはならない一線を越えたことを、明言された。

何を厳しか教育されたのか???

皆さんお気づきだと思うが、この記事は十年前に書かれた記事だからね。

今から見たら実態に合わないように思えるけど、秋篠宮家の中は当時はまだこんな感じだったということ。

まさか今日のようになろうとは、秋篠宮家の誰も予想しなかったに違いない。

確かにツッコミどころ満載の記事ですが、一番の疑問は、末っ子を周囲から切望されて(ショーライノテンノーとして)お生みあそばされたはずなのに、そのテンノーとしてのご教育まで思考が追い付いていなかったような…子供の自由を尊重する教育ってA宮家は一般家庭なのですか? あの年の離れた末っ子はどうなさるご予定なのですか?

言ってることとやっていることがちぐはぐすぎて笑うに笑えません。この家の子供たちは一般家庭の大金持や有名人とは違う宿命を持っているはずですが…何しろショーライノ…のはずです…もしかしてA宮家内では違うのですか?

こちらのご一家も、それぞれ苦労があるのはわかるけど、みんな軽薄なんだよな。

薄っぺらい言葉、薄っぺらい生き方。
国民に見透かされてるよ。

K氏もペラペラの人だから似たものを選んだんだと思う。

Source: 皇室 菊のカーテン