NEWS

【オリベイラ選手の突然死】湘南ベルマーレの大口スポンサーは、コロナワクチンで国民を大量殺戮した河野一族の「日本端子」 河野太郎は同クラブの会長を歴任

若干23歳で突然死したオリベイラ選手の所属クラブ「湘南ベルマーレ」は、前ワクチン大臣の河野太郎や中国共産党とズブズブの関係にあり、かつワクチン利権にあやかって甘い汁を吸っていた上、人口削減計画にも直接関与していたことが明らかになりました。 「湘南ベルマーレ」は、かねてよりコロナワクチンの接種を推奨し、試合を観に来るサポーターにも、チケット購入時に「ワクチンパスポート」や「PCR検査陰性証明」の提示を求めていました。 さらに、先日の記事でも述べましたが、「湘南ベルマーレ」は平塚市から委託を受け、「レモンガススタジアム平塚」で市民への集団接種をも実施しています。 ○【湘南ベルマーレ】MFオリベイラ(若干23歳)が「急性うっ血性心不全」で…
Source: RAPT理論のさらなる進化形