NEWS

【社員をも殺戮する創価企業Google】在宅勤務者にもコロナワクチン接種を義務付け 社員600人が反対署名

創価企業のグーグルはこれまで、オフィスに出社する従業員に対し、コロナワクチンの接種を義務付けてきましたが、このポリシーを変更し、連邦政府と直接または間接的に仕事をするリモート勤務の従業員にも接種を義務付けしようとしていることが明らかになりました。 この社内方針の変更を受け、600人もの社員が接種の義務化に反対する文書に署名したとのことです。 現在、バイデン大統領は在宅勤務者を含むすべての連邦政府の関係者に、1月までにワクチンを接種することを求めていますが、グーグルもこの方針に従って社員に接種を義務付ける方針を固めつつあるようです。 グーグルは、ワクチン接種を拒否して在宅勤務をつづけている社員に対し、給与を削減するなど、卑劣な嫌がらせ…
Source: RAPT理論のさらなる進化形